ビットコイン取引所の手数料ランキング - ビットコイン取引所のランキング、集めました

HOME » ビットコインランキング 編集 | » ビットコイン取引所の手数料ランキング

ビットコイン取引所の手数料ランキング

日本国内の主要なビットコイン取引所の取引手数料をランキングすると、
1位「ザイフ」
2位「コインチェック」
3位「ビットフライヤー」
といった順位になります。
しかし、このランキングはあくまでも「取引手数料」についてのランキングです。
ビットコイン取引所を選ぶ際に比較するべき手数料は、取引手数料だけではありません。

まず1位のザイフは、出金手数料が50万円未満で350円、以上で756円です。
取引手数料は販売所、取引所ともに0.01パーセント、送金手数料が0.0001BTC(BTCとはビットコインの金額表示です)以上となります。

次に2位のコインチェックですが、出金手数料が400円、取引手数料は取引所が0パーセント、販売所はありません。
送金手数料が0.0005BTCとなっています。

最後に3位のビットフライヤーです。
出金手数料が三井住友銀行の場合か否か、3万円未満か以上かで違ってきます。
三井住友で3万円未満の場合216円、以上で432円、三井住友以外で未満の場合540円、以上で756円となっているのです。
取引手数料は販売所の場合無料、取引所の場合0.15パーセント、送金手数料は0.0004円となります。
(以上は全て2017年12月時点の手数料です。)

ちなみに入金手数料は全取引所が自己負担としています。

このように実際にビットコインの取引をする際には、さまざまな手数料が絡んできます。
一概に取引手数料が安いから取引が有利であるとは言えないのです。
もちろん取引手数料が安いということは、取引をする上で非常に有利になるポイントであることは間違いありませんが、それだけで取引所を選ぶのは早計であると言えるでしょう。

ではこのランキングをどのように参考にすれば良いのでしょうか?
答えはやはり、自分の取引スタイルを考え、その取引スタイルに合った手数料の取引所を選ぶために参考にするのが正解となります。
しかし自分の取引スタイルと言うのは、ある程度取引に慣れてからでないと分からないですよね。
まずはコインチェックのような使いやすい取引所でビットコイン取引に慣れることが一番です。
慣れてきたら、自分はどのような時間帯にどのような通貨ペアでどのようなタイミングを狙い売買するのが適しているのか、それを探るようにしましょう。

ビットコインに関わらず、株もFXも取引には人間性が出ると言われています。
個人の性格によって最適な取引スタイルは違ってくるのです。
まずは当面の自分にとって最適な取引スタイルを見つけ出すことを優先し、ある程度自分のスタイルが見えてきたら、それに合った手数料の取引所に移るのがおすすめなのです。